きつい足の臭いは自分でケアできる

お店で靴を脱いだ時や誰かの家に行って脱いだ時など、足の臭いがクサイと恥ずかしいですし一緒にいる人に申し訳なくなります。

それが恋人だったらガッカリさせてしまいますし嫌われてしまうかもしれません。

そんな厄介な足の臭いは早く治した方が良いのですが、足の臭いのためにわざわざお金をかけたくありませんよね。

実は足の臭いはお金をかけずに治すことも可能です。

そのためには、当たり前のことですが毎日しっかり足を洗うことと、足の洗い方に気を付けることです。

足を洗うのは体の他の部分を洗うよりも特別な事と考えておき、時間をかけて念入りに洗うようにします。

また、体を洗ってから最後に足を洗うのですが、それでは石鹸の洗浄力や殺菌力が弱まっている状態ですので、体から足首まで洗い終えたら新たにボディソープや石鹸で泡立ててから足を洗ってください。

体を洗っている最中に足をお湯につけておき、指で軽くモミ洗いしておくとより効果的になります。

肝心の洗い方ですが、臭いが発生しやすい箇所は指と指の間ですので、その指の間を念入りに洗いましょう。

タオルでは洗いにくいので手の指で洗うと良いでしょう。

また、強く擦るのではなく、程よい力加減で洗い、最後は泡を付けた状態で泡パックをしばらく行っておきましょう。

そして、洗い残しやすすぎ残しがあると臭いの元になってしまうので綺麗に洗い流してください。

洗い終えたらタオルでしっかり拭き取り、指の間や裏側などは特に乾燥させてください。

足の臭いの原因

自分の足がクサイという人は他人の家にあがるのも躊躇ってしまいますし、飲食店などで座敷にあがるときは自分の足だけではなく脱いだ靴の臭いも気になってしまいます。

そうした面倒で気になる足の臭いですが、では、足の臭いの原因は何なのでしょうか?

足の臭いの主な原因は皮膚にいる雑菌ですが、その雑菌がいるだけで臭いは発生しません。

繁殖させたり活発にさせたりするエサがあるからです。

このエサとなるのは汗や角質、皮脂などです。

これらと雑菌が原因となって臭いは発生するのです。

足には他の部位よりも汗腺が多くあるとされており、汗をかきやすい部位ですし足の裏は1日でコップ一杯分の汗をかくと言われています。

それに、汗によって靴下が蒸れてしまいます。

だから、雑菌が繁殖しやすい環境が整っていますので臭いが発生しやすいのです。

このようなことからも分かるように、足の臭いの原因は皮膚にいる雑菌が主な原因となりますが、汗などの他の原因と結びつくことによって初めて臭いを発生させてしまいますので、対策をとるときは全ての原因を考慮しなければいけません。

靴に原因がある可能性も!

足の臭いは靴を脱いだ時に1番感じるのではないでしょうか?

靴の中は蒸れていますので雑菌が繁殖しやすいですし、臭いがしみついていることもあります。

また、男性は汗をかきやすいので靴の中で臭いが強烈になることもありますし、女性はストッキングやタイツを履いて蒸れやすくなりますので、靴を履くと強烈な臭いになることがあります。

心当たりがある人は靴に原因があるかもしれないと思っているでしょう。

しかし、靴そのものに原因があるわけではなく、靴の扱い方に原因があるのです。

毎日同じ靴を履いていれば、その靴に臭いがしみついている可能性がありますし、靴の中は蒸れて雑菌にとっては最高の環境ですので足にいる雑菌が付着している可能性だってあります。

それに、女性はブーツを履くことがありますが、通気性がすごく悪いですし臭いの逃げ道もありません。

更に蒸れやすくて臭いが発生する条件が整っています。

では、靴に原因があるのであれば対策はあるのでしょうか?

あります、その対策とは毎日同じ靴を履かないことや帰宅後は靴の湿気をとって乾燥させることです。

更に可能であれば綺麗に洗ってしっかり乾燥させておくことや消臭効果があるインソールを靴に入れておくとより効果的です。

それに、自宅にいる時だけ脱臭剤を入れておくことも良いですし、風通しが良い場所で陰干しするのも良いでしょう。

このように足の臭いは靴に原因もありますので対策をとると良いのですが、蒸れにくい靴下を履くことや通気性の良い靴を履くのも効果的と言えますのでよければ試してみてください。

実は怖い!爪の雑菌

足の臭いに爪が関係しているとは思えないでしょう。

爪は汗をかくわけでもありませんし蒸れることもありません。

しかし、足の臭いと爪には深い関係があるのです。

しかも爪の中に雑菌が侵入して臭いの原因になっているのです。

爪の中には新陳代謝によって剥がれ落ちた角質や皮脂、ホコリなどが垢になって溜まります。

その垢を好んで雑菌が侵入し、更に分解することによって臭いを発生させています。

また、爪の中は雑菌が隠れる恰好の場所でもありますし、何にも邪魔されずに過ごせる最高の環境ですので、放っておくとどんどん臭いが強くなってしまいます。

そうならないためにも、こまめに爪を切ることや足を洗う時に爪の中まで洗うことが重要となります。

頑固な垢がこびりついているときは、爪楊枝などの細くて尖ったものを使用して取り除いてください。

爪の中の隅に入り込んだ垢も雑菌のエサになって分解されてしまうので気を付けておきましょう。

かかとのカサカサも注意が必要

かかと

足の臭いがある人で、かかとがカサカサしている人はいませんか?

そうした人はカサカサかかとが足の臭いに関係しているとは思っていないでしょう。

実はカサカサかかとも臭いの原因になっているのです。

かかとのカサカサは皮膚の表面から出た古い角質です。

その角質を足にいる雑菌が分解することによって臭いを発生させています。

かかとがカサカサになったり分厚くなるのは体を守るための機能なので仕方がありませんが、カサカサの古い角質は取り除くことができますので、お風呂に入った時にこまめに取るようにしましょう。

また、加齢やストレス、疲れなどで肌の再生力が落ち、古い角質が剥がれ落ちにくくなって雑菌の溜まり場になることもありますので気を付けておかなければいけません。

今現在、かかとがカサカサな人は注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です