つい顔をしかめたくなる女性のキツイ口臭の原因

口が臭いと会話している人に迷惑ですし、恋人などと接吻するときに嫌がられてしまい、色々な人に嫌われてしまう可能性があります。

口臭と聞くと男性を思い浮かべてしまいますが、実は女性にも口が臭い人は多くいるのです。

男性が口が臭いよりも女性の口が臭いほうが余計にガッカリしてしまうのではないでしょうか。

では、女性が口が臭くなる原因は一体何でしょうか?

それはストレスや生理などです。

ストレスが口臭の原因となるのは最新の研究結果でも報告されており、ストレスが口臭に強く影響していると言われています。

特に女性はストレスを感じやすいですし溜めこむ傾向にあります。

ストレスが口臭の原因となるのは胃腸の調子が悪くなって自律神経に悪影響を及ぼし、それが交感神経を活発にさせて唾液の分泌量を減らしてしまいます。

唾液が減ると口の中が乾いて菌が繁殖しやすくなったり歯周病などを引き起こしたりして口臭の原因となります。

また、唾液には口内を清潔にする自浄作用や細菌の働きを弱める抗菌作用がありますので唾液が減ると口が臭くなりやすくなるのです。

生理は女性特有の原因となり、排卵前後は女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの分泌が活発になります。

そうなると口内の免疫力が低下して歯肉炎などを起こしやすくなりますし、菌が活発になる環境を作り出してしまい、それが原因となって口が臭くなります。

また、女性ホルモンのプロゲステロンは基礎体温を上昇させますので口内が乾きやすくなり、それによって唾液の性質が変わって臭いを発生させることもあります。

それと、女性ホルモンのエストロゲンは唾液の量を減らしますし、口臭を防ぐサラサラの唾液を分泌させにくくします。

こうした口が臭い原因は妊娠中や思春期などでも起こりやすいので気を付けておかなければいけません。

女性の口臭対策は、口の中が乾きやすいのでこまめに水分をとることや、ストレスを溜めないように趣味などでしっかり解消することです。

それと、当たり前のことですが、毎日しっかり歯や舌を磨くようにしましょう。

原因はダイエットの可能性も

女性は体重を気にしますのでダイエットすることがよくありますが、実はダイエットによって口臭や体臭を悪化させてしまうことがあります。

ダイエットで食事制限すると栄養不足になったり代謝が下がったりしますが、その時に体は危機を感じてケトン体という老廃物が出てきます。

このケトン体が口臭や体臭を悪化させたりする原因となるのです。

ケトン体は独自の臭いを持っており、アセトン酢酸、アセトン、β-ヒドロキシ酪酸の3つを合わせたものです。

これが血液に混じって全身を巡り、体の様々なところから臭いとして出てきますし、肺から二酸化炭素と一緒に臭いとして発生するのです。

このようなことからも分かるように、ダイエットによってケトン体が発生することで口臭や体臭を悪化させるのですが、それを防ぐにはケトン体を発生させないことが重要となってきます。

ケトン体は炭水化物不足が続くことで発生しますので、なるべく炭水化物を摂取するようにしましょう。

ダイエットしてるのに炭水化物を摂取するのは太りやすくなるので避けたいと思う女性がいますが、その分しっかり運動すればダイエットになりますので続けて頑張ってみてください。

また、糖質が足りなくなると乳酸が作られ、その乳酸はアンモニアと一緒に汗から出てきますので、糖質制限ダイエットしている女性は鼻をつくようなアンモニア臭を体から発生させることもあります。

だから、糖質制限もほどほどにしておきましょう。

意外!除菌しすぎが原因

口臭や体臭を気にしている女性は、口の中や体を除菌しすぎてしまうことがあります。

除菌すれば臭いは減りますので良いのですが、除菌しすぎるのは良くありません。

皮膚や舌などにいる常在菌を必要以上に減らし過ぎてしまうからです。

また、舌の表面を傷付けてしまい、口内の病気を引き起こしやすくします。

それに、除菌し過ぎたくらいだからと言って安心するのも良くありません。

体内の除菌では悪玉菌だけではなく善玉菌までも除菌しすぎてしまうことがありますので気を付けておきましょう。

自分で口内を除菌するのが不安な人は歯医者に行って除菌してもらうのも良いでしょう。

自分で除菌する人は気を付けながら続けてみてください。

朝起きて歯を磨く?それとも朝食後?

歯磨き

歯磨きは口臭予防にもなりますので毎日行うと良いのですが、気になるのは起きてすぐに磨くのが良いのか食後に磨く方が良いのかということです。

歯磨きをする多くの人は、食べかすや臭いをとるために食後が多いのですが、実は食後に歯磨きをするのは口の中を乾燥させてしまうので口臭を発生しやすくさせています。

では、朝起きてすぐ歯磨きをするのはなぜ口臭予防になるのでしょうか?

それは寝起きが最も口内菌が繁殖して活発になっているからです。

また、菌の繁殖を防ぐために寝る前もしっかり磨いておくことが重要となります。

だから、夕食後にすぐ歯磨きをするのではなく寝る直前に磨くと良いでしょう。

今まで食後に歯磨きをしていた人は、朝起きてすぐと就寝前に磨く習慣にしましょう。

そうすれば気になる口臭を改善しやすくなったり予防できたりします。

口臭は体の中からケア

口臭は口の中だけに原因があるわけではありません。

体の中にも原因となることがたくさんあります。

特に内臓の機能低下によって体の中に悪臭成分が発生するのが口臭の原因となります

胃の調子が悪くなって消化不良になると、胃の中で発酵して臭い成分が発生し、それが肺を通じて口から出てきます。

また、便秘になると腸内に便が溜まってしまい臭い物質や毒素を発生させます。

その臭い物質などが腸壁から吸収されて血液に入り、肺に運ばれて呼吸の時に臭ってしまいます。

特に便秘は女性によくあることですので、こうした体内の原因は早く改善する必要があります。

改善して口臭を予防するには体の中を綺麗にする必要がありますので、野菜を多く食べる食生活へ改善することや食物繊維を積極的に摂るようにしましょう。

食べ物で摂取できないときはサプリで効率よく摂取するのも良いでしょう。

きつい足の臭いは自分でケアできる

お店で靴を脱いだ時や誰かの家に行って脱いだ時など、足の臭いがクサイと恥ずかしいですし一緒にいる人に申し訳なくなります。

それが恋人だったらガッカリさせてしまいますし嫌われてしまうかもしれません。

そんな厄介な足の臭いは早く治した方が良いのですが、足の臭いのためにわざわざお金をかけたくありませんよね。

実は足の臭いはお金をかけずに治すことも可能です。

そのためには、当たり前のことですが毎日しっかり足を洗うことと、足の洗い方に気を付けることです。

足を洗うのは体の他の部分を洗うよりも特別な事と考えておき、時間をかけて念入りに洗うようにします。

また、体を洗ってから最後に足を洗うのですが、それでは石鹸の洗浄力や殺菌力が弱まっている状態ですので、体から足首まで洗い終えたら新たにボディソープや石鹸で泡立ててから足を洗ってください。

体を洗っている最中に足をお湯につけておき、指で軽くモミ洗いしておくとより効果的になります。

肝心の洗い方ですが、臭いが発生しやすい箇所は指と指の間ですので、その指の間を念入りに洗いましょう。

タオルでは洗いにくいので手の指で洗うと良いでしょう。

また、強く擦るのではなく、程よい力加減で洗い、最後は泡を付けた状態で泡パックをしばらく行っておきましょう。

そして、洗い残しやすすぎ残しがあると臭いの元になってしまうので綺麗に洗い流してください。

洗い終えたらタオルでしっかり拭き取り、指の間や裏側などは特に乾燥させてください。

足の臭いの原因

自分の足がクサイという人は他人の家にあがるのも躊躇ってしまいますし、飲食店などで座敷にあがるときは自分の足だけではなく脱いだ靴の臭いも気になってしまいます。

そうした面倒で気になる足の臭いですが、では、足の臭いの原因は何なのでしょうか?

足の臭いの主な原因は皮膚にいる雑菌ですが、その雑菌がいるだけで臭いは発生しません。

繁殖させたり活発にさせたりするエサがあるからです。

このエサとなるのは汗や角質、皮脂などです。

これらと雑菌が原因となって臭いは発生するのです。

足には他の部位よりも汗腺が多くあるとされており、汗をかきやすい部位ですし足の裏は1日でコップ一杯分の汗をかくと言われています。

それに、汗によって靴下が蒸れてしまいます。

だから、雑菌が繁殖しやすい環境が整っていますので臭いが発生しやすいのです。

このようなことからも分かるように、足の臭いの原因は皮膚にいる雑菌が主な原因となりますが、汗などの他の原因と結びつくことによって初めて臭いを発生させてしまいますので、対策をとるときは全ての原因を考慮しなければいけません。

靴に原因がある可能性も!

足の臭いは靴を脱いだ時に1番感じるのではないでしょうか?

靴の中は蒸れていますので雑菌が繁殖しやすいですし、臭いがしみついていることもあります。

また、男性は汗をかきやすいので靴の中で臭いが強烈になることもありますし、女性はストッキングやタイツを履いて蒸れやすくなりますので、靴を履くと強烈な臭いになることがあります。

心当たりがある人は靴に原因があるかもしれないと思っているでしょう。

しかし、靴そのものに原因があるわけではなく、靴の扱い方に原因があるのです。

毎日同じ靴を履いていれば、その靴に臭いがしみついている可能性がありますし、靴の中は蒸れて雑菌にとっては最高の環境ですので足にいる雑菌が付着している可能性だってあります。

それに、女性はブーツを履くことがありますが、通気性がすごく悪いですし臭いの逃げ道もありません。

更に蒸れやすくて臭いが発生する条件が整っています。

では、靴に原因があるのであれば対策はあるのでしょうか?

あります、その対策とは毎日同じ靴を履かないことや帰宅後は靴の湿気をとって乾燥させることです。

更に可能であれば綺麗に洗ってしっかり乾燥させておくことや消臭効果があるインソールを靴に入れておくとより効果的です。

それに、自宅にいる時だけ脱臭剤を入れておくことも良いですし、風通しが良い場所で陰干しするのも良いでしょう。

このように足の臭いは靴に原因もありますので対策をとると良いのですが、蒸れにくい靴下を履くことや通気性の良い靴を履くのも効果的と言えますのでよければ試してみてください。

実は怖い!爪の雑菌

足の臭いに爪が関係しているとは思えないでしょう。

爪は汗をかくわけでもありませんし蒸れることもありません。

しかし、足の臭いと爪には深い関係があるのです。

しかも爪の中に雑菌が侵入して臭いの原因になっているのです。

爪の中には新陳代謝によって剥がれ落ちた角質や皮脂、ホコリなどが垢になって溜まります。

その垢を好んで雑菌が侵入し、更に分解することによって臭いを発生させています。

また、爪の中は雑菌が隠れる恰好の場所でもありますし、何にも邪魔されずに過ごせる最高の環境ですので、放っておくとどんどん臭いが強くなってしまいます。

そうならないためにも、こまめに爪を切ることや足を洗う時に爪の中まで洗うことが重要となります。

頑固な垢がこびりついているときは、爪楊枝などの細くて尖ったものを使用して取り除いてください。

爪の中の隅に入り込んだ垢も雑菌のエサになって分解されてしまうので気を付けておきましょう。

かかとのカサカサも注意が必要

かかと

足の臭いがある人で、かかとがカサカサしている人はいませんか?

そうした人はカサカサかかとが足の臭いに関係しているとは思っていないでしょう。

実はカサカサかかとも臭いの原因になっているのです。

かかとのカサカサは皮膚の表面から出た古い角質です。

その角質を足にいる雑菌が分解することによって臭いを発生させています。

かかとがカサカサになったり分厚くなるのは体を守るための機能なので仕方がありませんが、カサカサの古い角質は取り除くことができますので、お風呂に入った時にこまめに取るようにしましょう。

また、加齢やストレス、疲れなどで肌の再生力が落ち、古い角質が剥がれ落ちにくくなって雑菌の溜まり場になることもありますので気を付けておかなければいけません。

今現在、かかとがカサカサな人は注意が必要です。

普段好んで食べているものが体臭の原因かも

自分の体臭で不安になったことはありませんか?周りにいる人が嫌な顔をしたり避けるといったことがあれば、それは体臭が原因となっている可能性があります。

誰にでも少しは臭いがあるものですが、必要以上に体臭が出ていると何一つ良いことはありません。

学校や職場、家庭内で嫌われてしまうこともありますので、自分の体臭がきついと感じている人は早く改善するようにしましょう。

では、体臭の原因は何が考えられるのでしょうか?

それはたくさんありますが、主な原因として職場が原因となる可能性があります。

食生活が原因となるのは食生活の乱れや摂取する成分などが考えられます。

最近では食の欧米化が問題となっており、栄養バランスが偏っていることや高カロリーな食べ物を多く食べるようになりました。

また、脂質やタンパク質が体臭の原因になることもあります。

食事で脂質の摂取量が多くなると血液中の脂質を増やしてしまうだけではなく、皮膚から分泌する皮脂も増やしてしまいます。

皮脂が増えるだけでも体臭がきつくなるのに更に皮脂が酸化されることによって体臭をよりきつくしてしまうのです。

タンパク質が体臭の原因となるのは腸内環境を悪化させてしまうからです。

これは悪玉菌がタンパク質をエサにし、臭いの強い成分を多く作り出してしまい、その臭い成分が汗や皮脂と共に分泌されて体臭となるのです。

こうしたことからも分かるように、食生活の乱れが体臭の原因となりますので気を付けておかなければいけません。

実は体臭を悪化させている食べ物

体臭が発生すると自分だけではなく周囲の人も気分が悪くなりますし、色々な人に嫌われてしまうこともありますので、心当たりがある人は今すぐにでも改善できるように対策をとったほうが良いでしょう。

しかし、間違った対策をとって体臭を悪化させてしまうこともありますので気を付けておかなければいけません。

その間違った対策や体臭を悪化させてしまうことは食べ物に気を付けることです。

特に体臭を悪化させてしまう食べ物には注意が必要で、普段何気なく食べているものにも体臭を悪化させてしまうものがあるかもしれないからです。

そして、体臭を悪化させてしまう食べ物は肉類や乳製品、揚げ物やカップ麺などです。肉類や乳製品は脂質が高くて高カロリーですので体内のコレステロール値が上がってしまいます。

そのコレステロールは皮脂腺を刺激する作用があり、これによって汗腺や皮脂腺から汗や皮脂が大量に分泌されて体臭の原因になってしまうのです。

また、肉類は消化するまでに時間がかかりますので腸内で腐敗して臭いの原因となります。

それに、揚げ物や乳製品に含まれる脂肪分も腐敗臭を発生させて臭いになってしまいます。

カップ麺やファーストフードのハンバーガーなどには腐らないようにする食品添加物が配合されています。

その食品添加物を体外に排出しようと体が頑張るのですが、その時に活性酸素という物質が発生し、それが体臭の原因になってしまうのです。

それと、食べ物にニンニクが入っていると体臭をきつくさせてしまうこともあります。

ニンニクに含まれるアリシンという成分が酸化することによって体臭をきつくさせてしまいます。

このような食べ物は体臭を悪化させる可能性が高いので、体臭がある人は気を付けておきましょう。

体臭予防に効果的な食べ物

体臭を予防するには様々な方法がありますが、その中の一つに食べ物や栄養素に気を付ける方法があります。

その体臭を予防するものとは腸内環境を整えるものや抗酸化作用があるもの、消臭作用があるものや乳酸やアンモニアの発生を抑えるものです。

腸内環境を整えるものは乳酸菌や食物繊維、オリゴ糖などで、ヨーグルトやキムチ、乳酸菌は味噌などに多く含まれており、食物繊維は大豆やサツマイモ、オリゴ糖はタマネギやハチミツなどに含まれています。

乳酸やアンモニアを抑えるものはクエン酸で、レモンやミカン、梅干しやお酢などに多く含まれています。

抗酸化作用があるものはビタミンCやE、ポリフェノールなどで、ビタミンCは赤ピーマンやブロッコリー、ビタミンEはアーモンドやウナギ、ポリフェノールは納豆やブルーベリーなどに多く含まれています。

消臭作用があるものはカテキンやタンニンで、パセリや柿渋や茶葉などに含まれています。

こうした食べ物や栄養素を摂取するようにすると良いのですが、こればかりですと栄養が偏ってしまいますのでバランスが良い食事にも心がけておきましょう。

注意したい飲み物

ワイン

体臭を発生させたりキツくする原因となるのものは色々ありますが、飲み物も体臭をキツくさせますので注意が必要です。

その飲み物とはアルコールやコーヒーなどです。

アルコールは分泌させた汗に活性酸素を含ませてしまいますが、その活性酸素は皮脂の酸化を活発にさせて臭いを発生させてしまいます。

コーヒーなどのカフェインを多く含む飲み物にも注意が必要で、カフェインによって消化不良を起こし、それによって腸内で悪臭が発生します。

その悪臭が腸内から血液に吸収され、全身から臭いを発生させてしまうのです。

逆に体臭予防になる飲み物はワインや緑茶です。

ワインには抗酸化作用があるポリフェノールが多く含まれていますので、皮脂の酸化を抑えて体臭の発生を防いでくれます。

緑茶には抗菌作用や抗酸化作用をもつカテキンが多く含まれていますので皮脂の過剰分泌や酸化を抑えて体臭予防になるのです。

体臭は体の中からケア

体臭は体内に原因となる物質や腸内環境を悪化させることで発生しますので、体の中を綺麗にすれば解消することができます。

便秘によって腸内環境が悪化すると臭い物質が血液に入って全身を巡り、体の様々なところから体臭となって出てくるのです。

体の中をきれいにするには腸内環境が整えられる乳酸菌や食物繊維などを積極的に摂取し、便秘にならないように気を付けたりウォーキングなどの軽い運動も行うようにします。

そうすると綺麗な血液の循環が良くなりますし、汗から余分な成分や皮脂などを排出させて体臭予防になります。

必要な栄養素を食事で摂取できない場合はサプリを利用すると効率的です。